フォローマティックを買わない方がいい理由

2015年6月22日

父の日だったということで美味しくお酒をいただきました。
その酔った勢いもあって下世話なアフィリエイターっぽい記事を書いてみようかなぁなんて思います。

アフィリエイター界隈でTwitter熱が若干冷めてきた感じになってきている中で

「やっぱりTwitterって集客に使えるよね」

みたいな感じでTwitterが再度見直されてきている風潮にあるわけですが
そこで再注目されているのがTwitterツールです。

わたしもいくつかのTwitterツール持ってます。
その中でも特に有名なのがアフィリエイターがゴリ押ししていたのが「フォローマティック」というツールです。

使ってみると確かにすごく良いですね。

フォロワーが増えるスピードもメチャクチャ速いですし自動リツート機能なんかも
非常に使いやすいですので複数のアカウントをうまく紐付けしてやれば属性の
マッチした人をうまく取り込んでいけます。

しかもアカウントが停止されたことがほとんどないというのがすごいところではあります。

この点についてはいろいろなアフィリエイターが自身のブログで
強調されているのでご存知だとは思います。

ただ…
ほとんどのアフィリエイターが触れていないことがあります。

それは
Twitterのアカウントは凍結されないがツールと紐付けしているTwitterアプリケーション
ことごとく「書込み制限」または「凍結」されてしまうということです。

これはフォローマティックだけの話ではなくTwitterツールを稼働させる際に
Twitterアプリケーションと紐付けして動かすツールはほとんど「書込み制限」
または「凍結」されるケースが多くあります。

前までは、このTwitterアプリケーションが凍結等された場合には別アカウントでアプリを
作成して再度紐付けしてやるといった形でこの問題をクリアできたのですが、去年の年末辺りからどうもこの方法では対処しにくくなってきているのです。

どういうことかというと
Twitterアプリケーションを作成するときに以前であれば凍結されたアカウント以外のアカウントで
Twitterアプリケーションが簡単に作成できたのですが、最近は「電話番号(SMS)の認証」がされているアカウントでないとアプリの作成ができなくなってしまいました。

アカウント自体は電話番号認証なしでも作成できたりするのですが
アプリケーションはそうはいきません。

同じ電話番号を登録しては解除していろんなアカウントで使用していては
アカウント自体が芋づる式に凍結されるリスクも出てくるわけです。

以前書いた記事で、この電話番号認証をクリアできる方法はないかということで
ある方法を用いて対処しようとしました。

こちらの記事です
『TextfreeでTwitterのSMS認証をしてみました』

結論から言うとアウトでした…
それからいろいろとクリアする方法を探ってはいるのですがどれもダメ…

今のところは解決策がないという状態です。

そんな不安定な状況でTwitterアプリケーションと紐付けして使うタイプのツールを使うのはどうかなと思うわけです。

「使い方が悪かったんじゃないの?」

いやいや…
どこぞのアフィリエイターみたいにイカツイ使い方なんぞはしておりません。

どちらかというとマニュアルにそってこじんまりと使用しておりました。
それでもことごとくアプリが「書込み制限」されたり「凍結」されてしまったのです。

これはフォローマティックだけの話ではなくTwitterBrainという非常に面白い機能を備えた
ツールもアプリに紐付けして稼働させるタイプのものですし、他のツールもほとんどがそうなんじゃ
ないですか?

わたしが持っているツールではそうじゃないものもありますがほとんどが「紐付けタイプ」です。

面白い機能で思い出したのですが
最近フォローマティックZが…みたいな記事を見かけたのですが、よく読んでみるとこの「面白い機能」と類似してますね。

ザックリとしか調べてないので細かい部分はちがうんでしょうけど
狙いは同じかなといった感じがしました。

まあそういった「面白い機能」が搭載されたとしても稼働できないんじゃ意味ないですよね。

Twitterアプリケーションが100%凍結しないなんてことはないですので
凍結された時にどういう対処をしていくのかを明示されないと怖くてツールに飛びつけないといったところが本音です。

そういったことからもTwitterツールとして非常に優秀で魅力的なフォローマティックですが
このあたりをクリアできないのであれば購入はやめといた方がいいと思いますよ。

フォローマティックがズバ抜けて有名だったので名前を挙げてはなししましたが
あくまでも「紐付けするタイプのツール」全般的にという話です。