WordPress&SQLite IntegrationでMySQL(データベース)なしでサイトを運営する方法

最近はWordPressを使ってサイトを運営している人が多いですよね。

個人だけでなく企業なんかもガッツリWordPress使ったりしてます。

ちなみに、わたしはGoogle Chromeを愛用しているのですが、この拡張機能に「Appspector」というものがありまして、それを使用することで表示中のサイトがどのようなソフトウェアを使っているのかを確認できるようにしています。

サイトが表示された時点でアドレスバーの端に使用されているソフトウェアのアイコンが
表示されるのですが、かなりの確率でWordPressのアイコンが表示されます。

たまに
「えっ!?この企業もWordPress使ってんの!」

みたいな発見があったりして面白かったりするので興味があったら
「Appspector」という拡張機能を入れてみてください。

話が大脱線しました…

まあそれだけWordPressを使ってる人が多いって話です
はい…

WordPressっていうのは基本、MySQLというデータベースを使用して
運営していくわけですが、レンタルサーバーによってはこのMySQLが
使用できなかったり、使用できる数が1つといったものもあります。

例えば、ロリポップレンタルサーバーのコロリポプランはPHPは使用できるけども
MySQLは使用できないようになっています。

こういった場合でも今回紹介する方法を使えばWordPressを利用することができます。

あとは、わたしのようにメルマガ読者の中でも特に親しくしている方
運営しているチーム用特別なコンテンツを提供しているのですが

こういった場合に今回の方法を使って別サイトを立ち上げて運営する
といった形で利用しています。

それではその方法を紹介していきます。

まずこちらのサイトへ行きWordPressをダウンロードします。
https://ja.wordpress.org/

1

次にこちらのサイトでプラグインをダウンロードします。
https://wordpress.org/plugins/sqlite-integration/

2

ダウンロードしたzipファイルを解凍します。

解凍ができたらwordpressフォルダの「wp-content」>「plugins」の中に
先ほど解凍した「sqlite-integration」のフォルダを移動させます。

3

次に移動させた「sqlite-integration」フォルダをクリックして中にある
「db.php」ファイルを「wp-content」ファイルの中へ移動させます。

4

「wp-content」ファイルへ移動
5

移動させた後「sqlite-integration」フォルダに「db.php」がなくなっていることを
確認して下さい。

もし移動させた後に「db.php」ファイルが残っているのなら削除しておいてください。

この作業が終わったら「wordpress」フォルダ内の「wp-config-sample.php」という
ファイルをテキストエディタで開きます。

ちなみにこの「wp-config-sample.php」ファイルを開くときは絶対にメモ帳は
使わないでください。

間違いなくエラーが出ます。
メモ帳でファイルをいじって保存するときにUTF-8のBOMなしで保存できないからです。

「よくわからない…」という人はメモ帳を使わないということだけ守ってください。

「テキストエディタなんか持ってないし…」という人は
Notepad++SublimeText3あたりをインストールしておけば今後WordPressを
カスタマイズするときにも役に立ちますので、この際にインストールしておいては
どうでしょうか。

「Notepad++」
http://notepad-plus-plus.org/

「SublimeText3」
http://www.sublimetext.com/3

わたしは両方使用しています。
WordPressをガツッとカスタマイズするときは「SublimeText3」
今回のような軽微な変更等のときは「Notepad++」というような使い分けをしています。

「wp-config-sample.php」ファイルの50行目から57行目(画像内①の部分)を書き換えます

6

②は書き換えても書き換えなくてもいいので、わからない人はノータッチでOKです。

「で、何に書き換えるの?」って話ですよね…

まずここにアクセスしてください。
https://api.wordpress.org/secret-key/1.1/salt/

するとこんな感じで表示されるはずです。
7

これを丸々「wp-config-sample.php」ファイルの50行目から57行目(画像内①の部分)
書き換えます。

編集が終了したら保存してください。
UTF-8のBOMなし(UTF-8N)で保存しないといけないのですが、先ほど紹介した
テキストエディタならそのまま保存しても問題ないはずです。

これで準備が整いました。

この記事中にも既に書いたのですが、わたしの場合は
「http://rambling-man.net/○○○」にWordPressをインストールして運営しています。

今回は「http://ドメイン名/○○○」にWordPressをインストールする方法
話を進めていきます。

「○○○」の部分は何でもOKです。

まずはFTPソフト等を利用して「○○○」という名前のフォルダを作成します。
8

既にWordPressを運営している場合ならこのような形でトップディレクトリに
作成するような形になります。

この画像ではフォルダ名を「monitor」としていますが、これはある企画用
別サイトを作成する予定にしています。

ランディングページも作成が終わったので近々このブログでもお知らせできる
かと思いますので楽しみにしておいてください。

ランディングページも今回と同様の手法でWordPressをインストールして
作成しています。

もしよかったら参考までに見てみてください。
http://rambling-man.net/letter/monitor/

次にFTPソフト等で作成した「○○○」フォルダへ事前に準備しておいた
「wordpress」フォルダの中身を移動させます。

このときに「wordpress」フォルダを移動させると
「http://ドメイン名/○○○/wordpress」がトップページになってしまうので
それが嫌なら中身だけを移動するようにしてください。

おそらくこんな感じになっているはずです。
9

ここまで来たらあとは
「http://ドメイン名/○○○」へアクセスして…

この画面が出ればほぼOKです。

10

あとは「サイトタイトル」「ユーザー名」「パスワード」等の必要事項を入力すれば
インストール完了です。

トップページにBasic認証をかけたりすればパスワードを知っている人しか
見ることのできない秘密のサイトができあがりというわけですよ。

Basic認証についても書こうかと思ったのですが、長くなって書いてる本人も
読みたくなくなるような記事になりそうなので別の機会に…

「Basic認証のかけ方を早く教えろ!」
という人はメールください。

あと、記事読んだけど方法が全くわからなかったという人も
別途対応できそうならやってみるかもしれませんのでメールください。

contact@rambling-man.net

また今回も本文とは全くリンクしない個人的な好み丸出しな
サムネイル画像を使ってしまいました…

この場を借りてお詫びを…

 

 

 

しませんけどね。

WordPress

Posted by yusuke