ブログ・メルマガを書くときに気をつけたい5つのポイント

以前、わたしがブログやメルマガを書くときに意識している文章の型などについて触れた記事を書きました。

「ブログやメルマガなどで使う文章の型(テンプレート)は使い方と崩し方」

その記事にプラスして気をつけている5つのポイントがあるので紹介したいなと思います。

①読点の付け方
②主語を付ける
③同じ文末が続かないようにする
④会話・心のつぶやきを入れてみる
⑤口語風の文章

それでは1つずつ説明していきますね。

①読点の付け方

「、」のことです。

これはね、気にする人は気にするんですけど全く気にしない人もいるんです。
はっきりとしたルールみたいなものがあるようでないから余計にかもしれません。

ここでは、わたしが読点を付けるときのルールを紹介します。

1.多用しない
2.リズムをとるとき
3.ひらがなや漢字が続いて読みにくいとき
4.長い文章の切れ目に付ける
5.接続詞(しかし・そして)のあと

こんな感じです。

おそらく、もう少しポイントがあって無意識というか感覚的に付けていることも
あるかと思います。

②主語を付ける

ほんとによくあるんです。

他人の文章もそうですが自分の文章を読んでいても、主語が抜けているから何回も
読み直さないといけないってことが…

書いてる本人は内容を理解しながら書いてるんで分かってるんですけど
初めてその記事や文章に触れた人にはまったくもって不親切です。

ちょっと例を出してみましょうか。

ダメな例です。
携帯が壊れたという連絡を受けた

これに主語を入れると
彼女から携帯が壊れたという連絡を受けた。

主語が抜けているというだけで、ひょっとしたら前の文節に戻って読み直さないと
理解できないケースも出てきます。

「彼女から」というたった4文字を入れるだけで一気に読みやすくなってストレスが
軽減されます。

③同じ文末が続かないようにする

これって何も考えずに文章を書いているとよくやっちゃうんです。

「~です」
「~です」
「~です」

……アホっぽいですよね。

良いこと書いていても、こういう文章を読むと一気に萎えてしまいます。
基準としては3回以上連続させないという点です。

④会話・心のつぶやきを入れてみる

特に「ストーリー」を意識して文章を書いているときによく使用しています。

文章中に「」が付いていると目に止まりやすいですよね。

それに、会話や心のつぶやきを入れてやることで一気に臨場感が出ます
読んでいる人もイメージしやすくなるので、上手く行けば共感される文章になるというわけです。

⑤口語風の文章

わたしの場合、普通に文章を書くと堅くなってしまって面白くないんですよ。
それを打破するために、ちょっとくだけた表現で書くようにしたら結構反応が上がったんですね。

あるとき、よく情報交換をしているアフィリエイターの方と話しているときに、その方から

「あのサイトって面白いよね。結構読んじゃったよ」
と言われたんです。

そのサイトはキャラ設定をして口語&方言全開で記事をかいているので、部分的に
読みづらい箇所があるにも関わらず良い反応があったというのは、ひとつ自信になりました。

実際、そのサイトはジワジワと収益を上げていってますしね。

でも、これはやり過ぎるとうっとおしいのでポイントを絞って使っています。

以上の5ポイントです。

「そんなん当たり前やん」
と思う部分も多々あったんじゃないですか?

そうなんです。
当たり前のことを意識してやってるかどうかで反応って変わるんですよ。

「なんかイマイチ反応が悪いなぁ~」
と思っているなら1つでも実践してみてください。