アホな営業マンは嫌いです

サラリーマン時代によく顔を出していた異業種交流会や
勉強会に今でも出席しています。

たまに、新しく参加された方がいて挨拶させてもらうんですね。

その時に必ず聞かれることが
「どんなお仕事されてるんですか?」

詳しく説明するのが面倒なときもあるので、だいたい
「Web関係です」と答えています。

事務系の人なら
「そうなんですか」
で終わって、そのあとはわたしのペースで会話できたりするのですが

営業系の人は
「具体的にどんな感じの内容なんですか」
と突っ込んで聞いてくることが多いんです。

まあ一応、答えは用意していて
「サイトを作って、そこに貼った広告から発生した収益の何%かを貰うといった内容です」

「もっと簡単にいうと不動産の仲介みたいなもんです」
といった感じで対応しています。

ほとんどの人が、あまりイメージ出来ないのか
「そんなお仕事もあるんですね」といった反応をするんですが

たまにイケイケの空気読めてない系の営業マンが
「ずっと座って出来る仕事って楽でいいですね~」
なんてことをサラッと言ってきたりします。

面倒なんで
「そうですね~ははは~」
と大人の対応をしてるのですが、裏では

「でたでた。動いてなんぼの社畜根性丸出し営業マン
ってなことを思っております。

でも実際そう思いません?

気合と根性で売上あがるなら日本の企業って倒産しないですよ
もっと頭使ったら?って感じです。

組織に属している割には仕組み化がヘタというか
いつまでも属人的というか…

ビジネスとしても仕組み化して、そこにレバレッジをかけることが
できるものじゃないと、ただ疲弊していくだけのように思うんですけどね…

まあ、そういう意味では
アフィリエイトという仕組みはレバレッジがかけやすいですね。

そのアフィリエイトのはじめの一歩的な内容をお伝えしている
レポートがあるんですけど、よかったら読んでみます?
>>最速で「0を1」にするためのレポート

アフィリエイトで実績が出ていない人は、特にオススメですよ。