TextfreeでTwitterのSMS認証をしてみました

以前書いた記事でも取り上げたのですが

Twitterアプリケーション登録する際に、もとのアカウントが「電話番号認証」されていないと新規でアプリ登録ができなくなりました。

それを突破するために試行錯誤したのですが…

そのあたりのことをここに書いています。
「Twitterアプリケーション登録にもSMS認証が必要になっていた」

で、今回はその続編です。

わたしの記事だけでなく、いろんなサイトで紹介されている
Textfree(pinger)
2015-03-02_23h59_25

何度試しても「しばらくしてから試してください」的なメッセージが出て

取得できなかったのですが、なんとなくこれっぽいなというのがあって
あるものを使いました。

Spotflux
2015-03-02_23h58_05

これはIPを偽装するためのソフトです。

要は日本からTextfree(pinger)へアクセスしているのではなく
海外からアクセスしているように見せかけるために使用しました。

結果はビンゴ!
すんなり電話番号を取得できました。

その後、新規で取得したTwitterアカウントでSMS認証をするために
さっき取得した電話番号を入力。

Textfree(pinger)のサイトでSMSが来るのを待っていたのですが…

待てど暮らせどTwitterからSMSが来ない…

その後、別の番号を取得して試してみましたがダメでした。
TextfreeでTwitter認証できるといった内容で最近投稿された記事を
見かけたのですが、ちゃんと調べたんですかね?

現状はTwitter側で対策してるっぽいので
もし「Textfree(pinger)でSMS認証」みたいな記事を見かけたら
それは古い情報ですので気をつけてくださいね。

ということで、まだ解決策が見つかってません…
もし何か情報があったら教えて下さい。