スマホに対応していないサイトは検索順位が下がります

先日書いたこちらの記事
「Googleから警告のメールがきました」

この記事の中で
「スマホ対応させていないサイトはスマホで検索したときに順位が落とされるのでは」といったことを書いたのですが

その後すぐにGoogleから「モバイル検索のランキング要因として使用する」という発表がありました。

一部引用します。

Starting April 21, we will be expanding our use of mobile-friendliness as a ranking signal. This change will affect mobile searches in all languages worldwide and will have a significant impact in our search results. Consequently, users will find it easier to get relevant, high quality search results that are optimized for their devices.

わたしはアホなのですが、アホなりに要約すると
4月21日から始めるよ~」
「すべての言語でのモバイル検索に大きな影響があるよ~」
といった感じです。

「やっぱりね」という気持ちと「面倒くせぇ~」という気持ちでいっぱいです。

で、このスマホ対応関連の記事を見つけたのが昨日だったのですが
早速、伸びかけているサイトを「スマホ対応」させました。

そのサイトは強引ながらもスマホ対応させてると思っていたのですが
ここで確認してみると「スマホ対応できてませ~ん」て注意されました。

「モバイルフレンドリーテスト」
https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

google-mbtest01

赤枠にサイトURLを入れて「分析」ボタンをクリックするだけで
「スマホ対応」かどうかの確認ができます。

ちょっと結果が出るのに時間がかかるのですが、少し待っていると
このように結果が表示されます。

これは「アウト」のケースです。
google-mbtest03

そしてこっちが「OK」のケースです。
google-mbtest02

この結果を見ながら「スマホ対応」にするよう修正していくというわけです。
「いや~Goolgeさん、便利なものをありがとう!」って思ったのですが…

「そもそもこんなアップデートするから余計な手間が増えたんだ」
ということに気づきまして…

まあいいんですけどね。

それにしても、この一件で改めて思ったのが
「1つの収入源に依存してはいけない」
ということです。

複数の収益の柱を持ってリスク分散させないと事業として安定しませんからね。

確定申告もあってバタバタな中、もうひとつタスクが増えてしまいましたが
4月21日までに必要なサイトの「スマホ対応」だけは済ませたいと思います。